新品のランドセルを「みらいへの架け橋」さんへ寄贈させていただきました

2021年6月23日、千葉県のボランティア団体みらいへの架け橋さんに新品のランドセルを寄贈させていただきました。

ランドセルはそのまま千葉県の大網白里市社会福祉課に寄付されました。寄付されたランドセルは生活保護世帯と、マザーズホーム(ひとり親世帯)等に声をかけ、必要な世帯に渡される予定です。

左:大網白里市 市長 金坂昌典さん、真ん中:みらいへの架け橋 代表 井澤恭子さん

24日に簡単なセレモニーも行われました。本来なら捨てられてしまうランドセルが活用できて本当に嬉しいです。

また今回の寄付では皆様からのご支援が大変大きな力になりました。
もしよろしければ「もったいないジャパンが必要としているモノ」ページのご一読をお願いいたします。