活動内容

NPO法人もったいないジャパンは、より多くの方に「もったいない精神」をお伝えすべく、5つの活動を柱に日々活動しています。

フードバンク活動

まだまだ十分に食べられる食品であるにもかかわらず、やむを得ない事情で廃棄されてしまう食品を一般家庭、及び企業、地元農家などからご寄付いただいています。ご寄付頂いた食品は、子ども食堂や、社会福祉施設などに届けています。

本来であれば捨てられてしまう食品を活用することにより様々な地域問題が解消され「もったいない」精神を国内外に広く知ってもらうことを目標としています。

AdobeStock_65106311

寄付品受付・整理・送付

一般家庭、及び企業から、様々な物品をご寄付していただいています。日用品や生活雑貨、古本、衣料品などを「もったいない精神」に基づき、それらを必要とする人たちにお届けしています。

現在の日本では、物資が足りていないエリアや施設がたくさんあるにもかかわらず、まだ使えるのに捨てられてしまったり放っておかれている物品がたくさんあります。

震災、貧困、その他様々な事情で困っている方々や地域のために日本中の「もったいない」を役立てて行こうと思っています。

AdobeStock_90747560

現金の寄付

ご寄付頂いた現金は、食品や物品の運搬や保管、事務局の維持費など、もったいないジャパンの活動費として使わせて頂いたり、もしくはそのままふさわしい団体へご寄付させていただいています。また、ご寄付頂いた物品の一部を協働先に販売してもらい、収益化ののち寄付金として寄付させて頂いております。

継続的な運営を行うためには皆様からの協力が不可欠です。
ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

AdobeStock_63864843

寄付先の開拓

もったいないジャパンでは、既に定期的な寄付をお約束している団体の他、海外を含め、お役に立てるであろう寄付先を随時模索しております。もちろん先方からのアプローチもお待ちしておりますので、もったいないジャパンの協力を必要としている団体は、ぜひお声がけください。

Poor Hungry Children

シンポジウム・セミナー等の開催

現在日本での食品ロスは年間800万トンともいわれています。これは日本で年間に生産されるお米の量に匹敵します。また、食品以外でも少々の瑕疵や売れ残り品など膨大な量が廃棄され続けています。

その現実を知ること、そして様々な問題点を皆さんで考え、シェアし、解決をしていくために、定期的にシンポジウムの開催を予定しています。

日本の「もったいない」をもっと活用をするためにはどうしたら良いのか、皆様と一緒に考えていきたいと思います。

Speaker Giving a Talk at Business Meeting. Audience in the conference hall. Business and Entrepreneurship. Copy space on white board.