NPO法人Junko Association との協働 ミャンマーレポート2018③

NPO法人Junko Associationのスタディツアー・ミャンマーレポート2018の続きです。

今回はBago管区LetpadanタウンシップにあるNo.1 Basic Education High School Letpadan(以下 BEHS と略)でのレポートをお届けします。

BEHSはNPO法人Junko Associationが校舎の建築補助や助成金援助、日本との交流などの支援を行っている学校です。

BEHSを訪問し、現在どのような支援や協力が必要なのかを生徒たちや先生方とともに考え、交流をいたしました。

後者に到着すると生徒さんたちが出迎えてくれました。毎回歓迎のクオリティが高くなっています(笑)

 

生徒さんたちに案内されて校舎の中にあるセレモニー会場(大教室)に向かいます。

ミャンマーの民族衣装のはとても華やかです。素敵な方が多いですね。

ミャンマーの伝統的なダンスが始まりました。カラフルな傘がくるくると回りエスニックな雰囲気で我々や父兄を魅了いたしました。

レクリエーションも無事に終わり次は図書館に移動します。

 

前回のレポートでも紹介した 「JUNKO LIBRARY」です。

2016年に新築された当初はほとんど備品がそろっていませんでしたが、今はどうなっているのか見ていきましょう。

椅子や本棚が大変充実してきています。

学生向けのライトな本も揃っており様々な変化が見て取れます。

もったいないジャパンやセカンドブックアーチからの提供された絵本や児童書、図鑑です。

毎回JUNKOの学生ボランティアの手で直接現地に届けられます。いつも重たい本を運んでいただき誠にありがとうございます。

今後JUNKO LIBRARYの運営体制をどうしていくかなどのミーティングを行います。

もったいないジャパンでは今後もJUNKO ASSOCIATIONの活動を応援いたします。

もしご自宅にご不要になりました絵本や児童書、図鑑などがございましたら寄付をお願いいたします。

また現地に送る送料等の寄付も募っております。

詳細はこちらのリンクをご覧くださいませ。

どうぞ今後とももったいないジャパンならびにJUNKO ASSOCIATIONの応援をよろしくお願い申し上げます。